uvカット折りたたみ傘・晴雨兼用・軽量おすすめ人気ランキング

夏の日差しを遮るときに役に立つのがUVカットの折りたたみ傘ですね。
最近では晴雨兼用でUVカット率が良く、コンパクトで軽量、しかも色柄などの好みに合わせたものを選びたいところです。
しかも遮光効果だけでなく遮熱効果があり、強風でも使える耐久性があるとより良いと思いませんか?

通勤する時やちょとした屋外への外出をする時に便利なアイテムです。

というとで、今回はuvカット折りたたみ傘で晴雨兼用で軽量なものを人気ランキングからピックアップしてご紹介します。

<<UVカット折りたたみ傘ランキング【楽天】

uvカット折りたたみ傘オシャレ(ストール・傘専門店 macocca)

こちらは、機能性に優れた晴雨兼用ジャンプ傘です。

  • 傘生地には特殊なコーティング加工が施されている
  • UV遮蔽率99.9%
  • 遮光率99.9%
  • 高い確率の紫外線防止効果
  • 防水性に優れている(晴雨兼用)
  • ダマスク柄とバロック柄があり色はそれぞれブラック、オフ、ネイビー。

    口コミでは、

    車の乗り降りが多いのでジャンプ傘を購入しました。
    傘の持ちて部分が華奢なので重さがズッシリと感じるかもしれませんので太さがあった方がよかったです。

    生地や柄や大きさが気に入りました。
    ゴワツキがなくなめらかで傘を巻きやすいです。

    遮光の生地なので傘の中が少し暗くなりますが、柄が落ちついていていい感じです。

    ネイビーがとても綺麗でおしゃれに感じます。

    日傘を探していたところ雨の日にも使えて大満足しています。

    見た目は雨傘にしか見えませんが、晴れの日はUVカットもできるようです。

    uvカット折りたたみ傘軽量(店舗:パサージュショップ)

    こちらは、uvカット率99.9%以上で生地も高機能の素材を使って紫外線を防ぎます。
    サーモグラフィによる検査で遮熱効果がどれくらいあるかを調べたところ、傘をさした状態だと肩の温度が12℃も低い状態でした。
    それだけ、紫外線や熱中症を抑制する効果があるということです。

  • ネイルガード付き
  • 取っ手部分に傘袋を装着
  • 傘袋をバッグに取りつけ可能
  • 色は、ホワイトダリア、ホワイトマム、ホワイトクレマチスの3種類です。

    口コミでは、

    折りたたみ傘は使わないと時はバッグに入れられて収納でき便利です。この傘は強い風が吹いても丈夫で傘骨が反対にひっくり返ることはありませんでした。

    傘を開くと大きいのですが畳むと意外にコンパクトでバッグに中に入れることができて驚いています。

    遮光性が抜群で日焼けを気にしなくて済むようになりました。

    白を購入しました。
    ワンポイントの花柄が素敵で使い心地もよいです。

    暑さが違うか半信半疑でしたが、傘をさしたら本当に暑さが違っていました。買って正解でした。

    折りたたみ傘完全遮光(店舗:芦屋ロサブラン)

    こちらロサブラン完全遮光日傘です。
    美ストにも掲載されてこともある大人気の傘です。

    通常に遮光傘と異なり、ロサブランの完全遮光傘は紫外線を完全にシャットアウトし肌の老化を防ぎます。

  • 日本製の高級遮光生地を使用
  • 日本国内の工場でしか出来ない加工技術で製造されて厳しい検査基準をクリアしています。

  • 生地を製造する度に品質確認をしている
  • 生地ロットごとに検査報告書を取得し品質を維持しています。

  • 紫外線・赤外線・可視光線を100%カット
  • 地面へ照り返す紫外線を傘裏にあるブラックラミネート加工が吸収しカットします。

    色はブラック、ネイビー、ピンク、アイボリー、アイボリー×ネイビー、ネイビー×アイボリー、

    口コミでは、

    遮光100%で日焼けしないのが嬉しいです。

    高い傘なので傘の中は涼しいし、暑さは感じません。

    とにかく色がかわいいですし、暑さをしのげます。

    去年も購入して今年も新しいデザインのを購入しました。

    傘が広いので暑くないし使いやすいです。

    さいごに

    日差しが強い季節はやはり日傘は欠かすことができません。
    晴雨兼用だと同じ傘を使えますので毎日持ち歩いておけば急な天候の変化にも対応できます。
    お肌のエイジングケアのことを考えても紫外線対策は大切ですので素敵なUVカット折りたたみ傘を選んでみてください!
    <<UVカット折りたたみ傘ランキング【楽天】

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする