そうめんスライダーの口コミは?エクストラジャンボ・ナイトプールは?

夏の風物詩といえば流しそうめんを思い浮かべる人は多いのではないでしょうか。
自宅でも家族で流しそうめんをしたいと思った時に必要なものがそうめんスライダーですね。

そうめんでご飯を済ませようと思った時に、そうめんスライダーがあると気分が盛り上がりますし、何より楽しく食べれるところがいいです。

一見するとおもちゃのように見えるかもしれませんが、機能もしっかりしててそうめんが流れるようになっています。

ということで、今回はそうめんスライダーのおすすめの商品や口コミをご紹介します。

そうめんスライダー エクストラジャンボ

こちらは、東京サマーランド監修の長しそうめん器です。
夏の定番である流しそうめんを迫力のあるウオータースライダーで流れる景色は圧倒されます。
全長が3.6mで最大高低差56㎝です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ビッグストリーム そうめんスライダー エクストラ
価格:5400円(税込、送料無料) (2018/4/3時点)

さらに、流れていくそうめんがより鮮明に見られるようにスライダー部分を従来からよりスケルトンに工夫されて作られています。
最下部にあるプールの容量も大きくなりそうめんが溢れる心配もありません。

付属品のアイストレーで氷を作ってより一層冷たいそうめんを食べることができます。

サイズ750mm×300mm×500mm

口コミでは、

  • 組み立てるのに始めは難しくて試行錯誤しましたが慣れたら5分もかかりませんでした。
  • テレビでスライダーの特集をやっていたので子供のせがまれて購入しました。今年の夏は例年よりそうめんをたくさん食べました。
  • モーターの音はうるさくないし、スライダー部分が長いので大人数で食べれます。
  • 普通は少食だすが、そうめんスライダーを使ったら驚くくらい食べるようになりました。イベントのような事を自宅でできるので良いですね。
  • 子供たちがそうめんを取りあいながら食べていました。
  • 準備や後片付けが少しめんどいですが、子供だけでなく大人も楽しめてよかったです。
  • そうめんスライダー ナイトプール

    こちらは、テレビや雑誌でも紹介されたことがあるナイトプールをイメージしたもので光で夏の夜を演出しています。
    ライティングモードは3パターンあり、パーティモード、ロマンティックモード、クールモードがあります。
    5つのLEDが7色のカラーと色の変化のタイミングでライティングを楽しむことができます。

    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    ビッグストリーム そうめんスライダー ナイトプール
    価格:6950円(税込、送料無料) (2018/4/3時点)

    作りが工夫されている点は、ザブーンシェルといって貝殻の形の水瓶が水で満たされると水瓶が傾いて溜まっていた水が一気に放出されます。
    これにより、そうめんの流れの速度も早まりそうめん流しのムードが高まります。
    フラミンゴゲートを流れの途中で好きな位置に置いてそうめんの流れを遅くし、箸でそうめんを取りやすくします。

    オリジナルの製氷トレーでスライダーマン、浮きわ型の氷をそうめんといっしょに流せます。

    口コミでは、

  • 夜にそうめんを家族で楽しみました。鮮やかな夜景が綺麗でそうめんを食べるのを思わず忘れてしまいました。
  • 子供たちがたいへん喜んでいます。
  • 電池式そうめん流し器

    こちら、スタートとストップがボタン一つでできるシンプルな流しそうめん器です。
    パーティーやアウトドアでも使え、クルクルと回るそうめんに食欲も出てくるでしょう。
    サイズ 465mm×314mm×110mm

    口コミでは

  • 4人で使うにはほどよい大きさでした。
  • 音が少し気になりますが楽しくそうめんを食べれました。
  • 横長でコンパクトな形をしていて家族4人でも十分に使えました。
  • 数年前から購入するか悩んでいました。思い切って買ってみて良かったです。おしゃれだし今時のアイテムですね。
  • さいごに

    夏の思い出に流しそうめん器をご紹介しましたが、ご家族で楽しむのも良し、子供たちのために購入するのも良いでしょう。普段は使わないそうめんスライダーだけに使用した時の満足感や充実感が増すのだと思います。
    是非、ユニークなそうめんスライダーを購入してみんなで一緒に楽しんでくださいね!

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする